今年こそ「投資」を始めよう

初心者でも分かる簡単な投資の仕組み講座

投資というのは、長い期間を見込んで投資家が判断した会社や企業に対して自身の資産を出資することを意味します。近年は、インターネットによって自由に取引をすることが可能な環境が整っていますのでこうした長期的な投資と短期的な投機の違いを理解していない人が増えていますが、本来投資というのはお金を出資した人が損をしないように作られているものであるためしっかりと理解しておく必要があります。
例えば、身近なもので投資の最たる例として存在するのが金融商品です。銀行に行けば銀行口座を作って銀行に対してお金を預けることが出来ますが、こうした預金によって銀行から金利というものが生まれて預ける期間が長いほど預けた元金に対して付加価値がつくようになっています。定期預金ならば100万円のお金を預ければ1%程度の金利が設定されますのでこの金利によって利益をえることが出来るわけです。この利益を確定させるための期間が投資では長いので、こうした方法で利益をえるための手法とは別に短期的な取引として投機が流行しているのも事実です。
しかし、長期で取引が行われる投資に関してはリスクがほとんど存在しないというメリットがあります。銀行の例で言えばお金を預けているだけで期間を経過すればお金をもらうことができるようになるので、お金を預けた本人は時間の経過だけを待てば後は何もすることがありません。これは株取引などにも言えることです。業績が良くて大きな会社に発展している会社の銘柄を購入しておけば、短期的な観点から見ると損失が生じてしまったとしても長期的には利益を回復させることが多いのでリスクは生じないことが多いわけです。
投資の基本は長い期間を見込んで利益を期待するという一点なので、この基本さえわかっていれば取引をすることにそれほど難しさは存在しません。
■投資するなら株価が上昇しそうな良い株を選ぶことが大切です
株価予想NAVI